Takukayo:写真について

については常に誤解があります。固定観念を打ち破り、Takukayoによるこの記事を読んでそれらが何であるかを調べてください。知っておく必要のある写真に関する一般的な誤解は次のとおりです

。A:写真は簡単

です。書くよりも簡単かもしれませんが、習得するのは簡単ではありません。練習すればするほど、学ぶことが多くなります。しかし、学習の鍵は練習です。 「私はこれに不慣れです」または「私はそれほど良くありません」を邪魔しないでください。練習を始めてください。

B:写真はすべて機器に関するもの

です最初は、それはすべて機器に関するものだと思うかもしれません。しかし、真実はそうではありません。はい、適切な結果を得るには適切な機器が必要ですが、それは機器の使用方法にも関係します。最初は、自分で学ぶほうが簡単かもしれません。しかし、良くなるにつれて、適切な結果を得るには適切な機器が必要であることがわかります。

C:私は写真を撮る

ことができません信じがたいですが、あなたは写真を撮ることができます。重要なのは、自分が何をしたいのかを見つけることです。あなたがそれに情熱を持っているなら、あなたはそれをすることができるでしょう。あなたがやりたいことを見つけて、それをすることを学びましょう。練習すればするほど、学ぶことができます。

1.焦点は写真の最も重要な部分です

焦点は通常、写真の被写体です。写真に写っているものです。焦点はあなたが興味を持っているものです。しかし、あなたが良い写真を作りたいなら、あなたは写真全体を見る必要があります。写真を見ると、写真の背景も面白いことがわかります。背景の美しさを捉えて、良い写真に仕上げることができるはずです。

2.

良い写真を撮るには良いカメラが必要です多くの人は、良い写真を撮るには良いカメラが必要だと信じています。実際、これは真実ではありません。スマホでもいい写真が撮れます。ただし、カメラの設定を理解し、良い写真を撮っていることを確認する必要があります。カメラ設定の使用方法がわからない場合は、この記事を読んで詳細を確認できます。

3.写真を撮る

のに多くの時間を費やす必要がある人々は、写真を撮るのに多くの時間を費やす必要があると考えています。実際、それは真実ではありません。あなたはほんの数秒で写真を撮ることができます。写真を撮るのに何時間も費やす必要はありません。

神話1:写真は創造的な芸術形式

です事実:写真は創造的な芸術形式ですが、それは非常に技術的なものでもあります。写真の技術的な側面をマスターしたら、クリエイティブなスキルを活用して写真の見栄えを良くすることができます。

神話2:写真家になるために

カメラは必要ありません事実:写真家になるためにカメラは必要ありません。十分な解像度の画像を撮影できれば、スマートフォンをカメラとして使用できます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする