花見山公園の桜を観に行ってきた

こんにちは、takuです。

桜を見ようと遠出する計画をしてましたが、最近のウイルス対策の為すべてキャンセルしました。

私なら大丈夫だと思わず、一人一人が意識して行動する事が大事です。この時期を頑張って乗り越えていきましょう。

それで、今回も桜の名所巡りも行けなくなったので以前撮った桜の写真を振り返っていきたいと思います。

今回は福島県福島市にある花見山公園の桜を観に行ってきた時を振り返っていきたいと思います。

花見山公園桜の始まり

元は養蚕が家業で花木栽培は副業だった阿部家。大正15年から山に花を植え始め、昭和の中ごろには山が一面花で埋まるようになり、見せてほしいという人も増えてきました。きれいな花を自分たちだけで楽しむのはもったいないということで、昭和34年4月に無料開放することにしたのです。今では全国に知れ渡り、年間20万人以上が訪れるようになりました。

桜の種類はソメイヨシノやヒガンサクラ、トウカイザクラ、ヤエザクラなど。その他レンギョウやボケなど約70種類もの花々が咲きみだれます。花見山全体の開花時期は例年4月上旬から下旬までです。

アクセス&車で行く際に注意点

電車の場合 JR東北新幹線福島駅から花見山行き臨時直行バス下車徒歩15分

車の場合は私も調べ不足で花見山公園の桜は、大人気のお花見名所になります。付近一帯は交通規制され、車で直接向かう事は出来ません。マイカーは、あぶくま親水公園の河川敷臨時駐車場に駐車。そこからシャトルバスで向かいました。

花見山公園で撮った写真

花見山公園はウォーキングしながら色どりの桜や花を見ます。最初の入り口から圧巻の景色で圧倒されました。

途中背丈が小さい桜の木を見つけ夢中で撮ってたのを思い出しました。

ほとんどの方が見向きもせず立ち去ってますが、一眼レフの世界だとここまで面白く撮れます。

最後に山を登って見えた景色がこの写真になります。

福島市と桜のコラボレーション

頂上までだいたい40分ぐらいかかりました。

その当時は観光客も多く道運んでましたが、励ましながら登りました。

まとめ

残念なお知らせ
花見山公園は、新型コロナウイルスの感染症予防及び拡大防止のため、3月14日(土)から当面の間、観光客の受け入れを中止させていただきます。

だと書いてありました。こればかりはしょうがないです。

来年落ち着いたらまた行こうと思ってます。

色とりどりの桜や花がさいており、一度は見に行きたい桜の名所だと感じました。

ウォーキングしながら回れますので、いい運動になります。ですが、白スニーカーやブーツ等で行くのはお勧めしないです。

今年は中止ですが、桜は無くなりませんのでここは我慢をし行動しましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする