三密を避けて桜をとってきた(風景編)

こんにちは、takuです。


今年は、コロナウイルスの影響で外出を控え桜撮影目的の旅行もすべてキャンセルしました。人混みを避けて朝に散歩がてら桜を撮ったり夕方に出かけ、時間帯をずらし撮影してきました。
またいつもだと桜の名所である鶴岡公園や日和山公園など人が良く集まる場所は避けて撮って来ました。いつとは違う所での撮影だったので新しい発見もあり楽しかったです。

撮ってきた写真がこちらになります

私が桜と撮る上で心掛けた所は、桜だけを撮らないようにしています。

1.桜を前ボケと後ろボケにすること。

2.奥行きが出るように構図を心がける(桜の木が手前から奥にかけ生えている為奥行きが出る)

3.三分割法を利用して撮る

 この上の写真がこの春撮った中で一番好きな写真になります。三分割法を活かして桜の花のボケ感も好きです。またハイキーに撮ることで春の明るく暖かい感じに仕上げました。

まとめ

今年の桜は世界中で流行しているコロナウイルスのせいで遠出は控え人のいない所で桜を撮ってきました。

今まで車で通り過ぎてスルーしてきた場所でも一度立ち止まり撮ることで新しい発見することができました。

私はマクロレンズを持っていませんが、マクロレンズで寄った写真も撮ってみたいと思いました。

いつも同じ構図だと頭が固くなり似たような写真が多くなっているので新しいレンズがほしいと思いました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする